Show must...

その1秒に震えたい

ダブルピースとカフェテラス

昨年からさんざんゴリ押しを続けてきたのでモロに薄々バレてはおりますが、趣味が増えました。「まきさん守備範囲が広いんですね」と言われ続けた多感な青春時代を過ぎてだいぶ落ち着いたと思った矢先に、またやってしまいました。

今度の畑は西洋画。印象派と19世紀末画家です。

随分と文化的で聞こえの良い趣味ができて会話がもつー!という一面もあれど絵画畑、メッチャヲタクに優しい。ヲタクに餌まいてる。こんなにヲタヲタしい畑なのに吉住渉漫画に出てきそう。

して、自担は?という話になりますが、自担はピサロゴッホです。ゴッホに関してはポスト印象派と言った方が適切なのかもしれませんがユニットととしては印象派担、世代でいうと19世紀末担といったところになりますね。この時点で既に言葉の選び方に迷いがありません。

きっかけとなった現場は前にも書いたのですがロンドンのナショナルギャラリーです。13世紀頃までさかのぼった時系列の展示を追う中で、時代の流れとともに移り変わる「なんのために描くのか」を問うのが面白くてたまらなかった。中世なら世界の真理であった宗教画、近世は宮廷の雇われ画家による肖像画、そして産業革命を経た近代社会においては、血でも命でもない、個人の自由意志による職業画家が思い思いの絵を描くようになりました。19世紀頃の画家たちは、ヨーロッパの「近代」をそのまま映し出すような存在ともいえます。あんたなんで田舎の小娘ばっか描いてんの?みたいなことを直接問いたくなるのが印象派の画家たちです。

そんな経緯を経て印象派担デビューした私が*1欧州在住という地理的条件をフルに活用して1年間巡りに巡ったギャラリーレポがあまりにこのサイトに溶け込んで遜色ないので、平然とヲタク日記の顔をして書き連ねていきます。

ヴァン・ゴッホ美術館(アムステルダム

5月の週末。春限定のチューリップ畑に行きたい!あと夏休みまでゴッホ待てない!ただし金と時間はない!という究極の無茶ぶりの妥結点は英→蘭夜行日帰り2daysという誤植を疑うトンデモ遠征でした。ロンドンから*2夜行バスでドーバーを渡り早朝にアムステルダム着、夜のバスで再びドーバー越境。ちなみにヨーロッパのヤコバはただの夜走ってるバスです。リクライニングは10度くらいならききますよ。

そんな無茶をしてまで行ったゴッホ美術館はもう全館ゴッホゴッホの絵というよりも、ゴッホの絵でみるゴッホの半生といった方が適切かも。膨大なコレクション一点一点にそれを描いた背景が記されています。テオに送った、文字とデッサンがびっしり書かれた手紙も。「この人、なんで絵を描いたんだろうなあ」という私が絵を愛するうえでの究極の問いへの答えは、ぜんぶ彼の絵の中にありました。

ゴッホを知ったときに一目惚れして、これを見るためにアムステルダムに来たともいえる「花咲くアーモンドの木の枝」はポストカード5枚くらい買っていきました。行った先々で気に入った絵に関しては、売店でポストカードを買うことにしています。なんか聞いたことあるような話ですね。


ちなみにヨーロッパの高速バスは価格崩壊もいいところで、爆安のLCCよりさらにメチャクチャに安いのですが、なんにせよ夜行はただの夜走ってるバスなのでよほどお金がないか旅慣れている人にしかオススメしません。あと明け透けに言うと、価格によって利用者層が明確に分かれるので運が悪いと民度の墓場のような環境で過ごすことになります。電車も飛行機も普通に安いので安心してください。

スコットランド国立美術館

エディンバラの新市街と旧市街の間にひっそりと佇むギャラリーながら、ゴーギャンタヒチの女を所蔵する穴場。印象派にふれて色彩が明るくなった頃のゴッホの絵もあります。私はスコットランドとスコッチが好きすぎて1年間で3回エディンバラに行ったのですがこの街は何度訪れても薄暗くて人間臭くて音が豊かで、民俗の棲む街であることを実感できて大好きです。あとハギスめっちゃうまい。

アントワープ大聖堂

ギャラリーでこそありませんが、ルーベンスを観に行きました。
これでピンときた諸姉はもうおわかりですね。フランダースの犬です。

もともとアントワープって観光地としては何もない街なのですが、日本人客が多いのか(というか日本人ばっかり来るんだろうな)展示とガイドは日本語訳つき、係員さんも日本語で挨拶してくれました。

入場料は学生4ユーロ。銀貨、いらないんだなあ…良い時代になったなあ…

チェコ国立美術館プラハ

プラハの宿で出会った日本人のおばさま(過去記事参照)に「スラブ叙事詩は絶対に見てきなさい」と言われて行ってきました。プラハの美術館は5つほどの分館に分かれていてそれぞれにナントカ宮殿と名前がついています。スラブ叙事詩が展示されているヴェレトゥルジュニー宮殿は観光地から少し離れた丘の上の住宅街にあるのですが、後になって「こういうのは県民文化センターっていうんだよ!!!!!」とブチ切れるほどの、宮殿とは名ばかりの県民文化センターでしかない建物を見つけるまでに随分と苦労しました。EXかヴェレトゥルジュニーかってくらいアクセスが悪い。

チェコは物価が安く、さらに学生は全館共通の入館チケットが無料ということでスラブ叙事詩の展示室の分だけ、1000円もしない入館料で済みました。
スラブ叙事詩はもうとんでもなかった。好き嫌いを飛び越えてとんでもないとしか言いようがなかった。こんなデカいもん20枚も日本のどこで展示するの?というくらいデカい。おばさまが、日本遠征では人手が多すぎてゆっくり見られないだろうから今のうちに、と強く強く勧めていらした理由もわかりました。

チェコで少しの間流行ったキュビズムは一見の価値がありました。ピカソもここに通ずるものがあるんだよね。

ちなみに旧市街の教会には、作者ミュシャが手掛けたステンドグラスがあります。こちらもステンドグラスってなんだっけ?と考え込みたくなるようなとんでもない作なのでお立ち寄りの際はぜひ。

ハンガリー国立美術館ブダペスト

ピカソのコレクションで有名な美術館。ぶっちゃけピカソはよくわからないのですが、ここで「よくわからない」という理由で見逃して数年後後悔してもブダペストなんてそうそう来られる場所じゃないし、行かない後悔より行く後悔というモットーの正しさを自らの人生をもって証明し続けてきたので行きました。ハンガリーも物価は安いのですが入館料はそこそこ。絵に対してええい投資だ!と言えるようになった自分の進歩を少しうれしく思いました。

結果、ピカソはやっぱりよくわからなかったけど、いつピカソ担になってもいい準備はできています。

ウフツィ美術館(フィレンツェ

中世の南欧は守備範囲ではないのですが、だんだん美術館巡りがルーティンになりつつあったので行きました。
この美術館、世界的に有名なのもそうなのですがとにかく並ぶ。時間指定の予約チケットがない一般入場者はまずチケット購入列に並びます。
これまでの並びに並んだ数々の経験上ざっと見た感じ30分もあればハケそうな人数だったので並んだのですが、この待機列、30分おきに10人ほど通しては止める、の繰り返しでなかなか進まず結局2時間ほど並ぶ羽目に。チケット売り場が入場口を兼ねているのが原因のようだけどだったらチケットだけ捌いてあとから時間指定で入場させてくれよ~~~~~~!!!!!!!!!ジャニショだって整理券配るのに!!!!!!!!!!!!*3

ダヴィンチめっちゃ絵上手いですね。そりゃみんな絵はべらぼうに上手いのですがルーベンスダヴィンチに関してはメッチャ上手いと形容せざるを得ないこの気持ちわかってくれる人いませんか。

オルセー美術館(パリ)

印象派の殿堂オルセーは、ルーヴルから印象派作品だけを集めてきたような美術館です。私みたいなヲタクのための美術館ですね。

ワンフロアまるごと印象派、探さなくてもいるピサロ先輩、モネ先生、好きなおかずだけ詰め込むと若干お腹いっぱいになることもわかりました。

ここにはゴッホの夜景の絵があります。ゴッホの青がやっぱり好きだなあ。

オランジュリー美術館(パリ)

ルーブルのすぐ隣にある小さなギャラリー。言わずと知れた睡蓮の美術館です。

円形の壁に囲むように展示された三枚の睡蓮。いろんな時間帯の睡蓮が並んだ部屋は、中心に座ってるだけで目が幸せです。光の天才モネ先生は、庭に佇む哀愁や草木の湿っぽさまで閉じ込めてしまったんだなあ。

ここは狭い分人口密度が高いので、だいたい睡蓮の前でセルフィーしてる女性客がいて全景はなかなか写真に納められません。いるよねパネルの前に群がるヲタク。フォトスポットは分散させるって韓国のカフェの人が言ってたな。

マルモッタン美術館(パリ)

パリの美術館は3軒目ですがパリに行ったのは一度きり、1泊2日だけです。狂気のヲタクは2日間で市内の美術館を4軒回っています。

個人蔵のコレクションを展示する邸宅のような美術館。街のはずれにあります。駅から美術館までの道のりに、日本人の営むパン屋さんがありました。

かの有名な日の出はここにあります。この小さな絵には、静かな邸宅がよく似合うなあ。中劇場にしっかりと根を下ろし、力強いスポットライトを浴びる実力派。こんな小さな絵が近代絵画に革命を起こしたのだと思うと胸が震えます。

マルモッタンまではバスがいちばん楽だったのですが、なんとツールドフランス千穐楽と被ってしまい交通規制の煽りをくらって地下鉄に乗ろうにも目の前よ地下鉄の駅に行けない!!!!みたいに四苦八苦しながら行った思い出。ルーブル前を一斉に駆け抜ける自転車たち、カッコよかったです。できればその道を渡りたかったです。

クレラー・ミュラー美術館(オッテルロー)

プラハでお会いしたゴッホ同担のおばさまに「絶対に行きなさい」と言われていた美術館。ご存知夜のカフェテラスがあります。

ただこの美術館、オランダの中でもほぼドイツ寄りの田舎町の、バスでしか行けない国立公園のど真ん中にあります。アクセス難易度は控えめに言っても鬼です。

金と時間に余裕のないヲタクはクレラーミュラー巡礼とドイツの友達とのクリスマスマーケット旅行を一緒に決行したため、オランダ〜ドイツの移動中にクレラーミュラーをぶち込むカッツカツのスケジュールを立てました。

前夜にイギリスを出て21時にアムステルダム入り、翌日早朝にアムステルダムを出てエーデへ、そこからバスで2回の乗り継ぎを経て朝一のクレラーミュラーへ、2時間滞在ののち、1時間おきに来るバスでドイツ行きの電車が止まるアーネムへ、ここまで約18時間。今回は夜行バスに乗っていないので体力だけは絶好調です。

そこまでしてでも行きたかったクレラーミュラー夜のカフェテラスがちらりと見えたとき、手汗が止まらなくなりました。美術館は撮影可の接触イベだと確信した瞬間です。

夜のカフェテラスはもちろんだけどアルルの跳ね橋の色彩がほんとーーーーーに綺麗で、もし叶うならもう一度観たいゴッホの絵ナンバーワンです。恐るべき現場マジック。

当時の企画展はゴッホの初期デッサン。初 期 デ ッ サ ン !!!!(鼻血卒倒)カツンのデビュー前の曲が音源化された10年前の興奮が蘇ってきました。
私は暗いと言われるポテトイーターの頃のゴッホもすごく好きで、印象派に触れるまでのゴッホの絵を描く理由がすべて詰まっていた、オランダの農村を描くダメダメな宣教師ゴッホのデッサンたち。その後フランスの印象派に出会い、産業化の波に呑まれ、オランダ農村という世界を描いてきた筆も心もポッキリ折られてしまったじたnゴッホ。鍬を持ったおばあさんだけ何枚も、同じジャガイモを囲む家族を何枚も、ゴッホにとって絵を描く理由が、この曲がった腰に、歪んだ眉に、ささくれた手指にあったのだと思うと涙が出ます。あとものすごい数のポストカード買って行った記憶があります。




しかしまあ、私がヨーロッパ遠征を楽しみまくってる間に上野にゴッホゴーギャンが遠征してたのには笑いましたけどね!!!!!!!!!!プリン欲しかったワイ!!!!!!!

ゴッホゴーギャンの関係は「炎の人」とかいう神同人小説に全て詰まっているので、kindleでご一読の上僕のリヴァ・るを観てください。因縁コンビ厨からのお願いです。

ヨーロッパ美術館行脚が趣味になったおかげで旅がすごく楽しくなって、旅に出る理由ができて、私の在外生活の3分の1くらいは画家たちに支えられてきたんじゃないかなーと思うほどです。2日間で美術館を4軒回ったりバスが10分遅れたら国際列車の乗り継ぎに間に合わなくなる旅程を立てたりと西洋ギャラリーのスジ屋のような遠征ヲタクになって帰ってきたので、ヨーロッパの美術館にご興味のある方、どこをどう巡ったらいいの?なんて方はぜひとも私まで。

*1:印象派というとややミーハーみを帯びてちょっと小馬鹿にされるあたりもヲタヲタしいですね

*2:ロンドンまでもバスで5時間

*3:バルセロナなんかは当日券も時間指定制

新・ジャニヲタ、KステにドハマリするーKととにかくずっと生きたいー



こんにちは。2年前うっかりKにどハマりしたジャニヲタです。

参照

makimes.hatenablog.com



あの夏Kにされてしまった以上、人目に触れずとも細々とこの記事を続けていくつもり満々だったし「この人の書くロステの感想が見たい」なんて引用コメもいただいてたんですが、なんとロステはのっぴきならない地理的事情により行けておりません。誰よりも自分がビックリしてるけどどうしても地理的に不可能なタイミングで推し推し作品の推しをやる一生に一度のロステを逃しました。この十字架は一生背負っていきます。



ちなみにKと二度目の冬を迎えようとしていた去年の12月、ロステへの執念を消化しきれていなかったKの女の魂はドーバー海峡を越え







f:id:makimes:20161228082303j:plain









ドレスデンにいました。




だったので、KMKステが決まったときはもう嬉しくて嬉しくて、二章が最初で最後のKステにならずに済んだこととKが歩みを進めることへの期待と興奮に比べたら推しが降板したことへの寂しさなんてたったの木星程度に過ぎません。



以下、2年ぶりのKステしかも2期ぶりの動くKの息吹に開演前の前説から泣いたKの女がネタバレとともにお送りします。

続きを読む

大切なことは全部「る」が教えてくれた~祝!座長御出演~


安西くんが明治座の座長やるよおおおおおおおおおおおおおお


神こと三上園芸まさしの策略に嵌められたうっかり事故*1でるひま担から安西担への見事なシフトを遂げて早2年、推し推し脚本、推し演出、推し舞台の座長になりました。生きててよかった。

今年はくるかな?いやまだ早いかな?と安西担界隈では折に触れて話題には上がっていたのですが、いつかは明治座にのぼりが上がる日がくるのかな、とか、座長弁当食べたいな、とか、コバカツに相談しに行ってお金を使えとアドバイスされるのかな、とかいつの間にか思い描くようになっていたことが何より驚き。そのくらい、「る」の座長公演って特別なんです。


「るひまのお気に入り俳優なんでしょ?」みたいにちょっと冷めた目で見る人もいると思います。「る」が内輪ノリと言われても否定はできないと思います。「政子」だけでひとしきり笑える集団を気味悪がられても仕方ないです。ただ一度見たら「政子」の二文字が立派なコンテンツになります。政子ォーーーーーーー!!!!!!


それでも私が「る」を追い続けたのは、単に毎年恒例鬼のエチュード大会*2を観に行きたいからではなく、「る」がどこよりもストイックに演劇を作ってきたことを知ってるから。若い役者に演劇をやらせることに徹してきたから。それから、座組を背負う座長に、それぞれ違う試練を与え続けてきたから。


楽な座長公演なんてどこにもないけど、「る」の座長はとびきり厳しいし、必ずその役者のその後に変化をもたらしているように感じます。オーダーメイドの試練を与え続ける「る」の座長たちを、ここで自分なりに振り返ってみようかなあという記事です。

*1:過去ログ参照

*2:エチュードの鬼、小林健一さんによって舞台上で行われる若手役者の通過儀礼

続きを読む

なぜ歌うのか?

遠い夏のゴッホ、初日公演を観劇してきました。

久しぶりの初日です。誰も知らないものをいちばんに見届けるこの日の緊張感が好きです。


銀劇着いて真っ先に目に飛び込んできた、お花の最上手を陣取る座長宛のひまわりのスタンド花 byる・ひまわりにめちゃくちゃ笑いました。疑ってたわけじゃないけどる・ひまわりのひまわりってそのひまわりなんだ…そう…ひまわりだからひまわり……みたいに異様にツボに入ったの私だけ?w
関係企業ではあるけども「るひまがひまわりのスタンド花出した」って聞こえが面白すぎてダメ。ところでそれは年末よろしくの意で合ってますか?


以下ネタバレときもちわるめのキャスト賞賛レビュー。

続きを読む

最高の選択、幸福な職場

大盛況のうちに幕を閉じた舞台「幸福な職場」の千秋楽に行ってまいりました。
1年ぶりの現場、1年ぶりの安西くん、敬愛する役者ふたりの共演。この日を迎えるまで心を落ち着かせることのできなかった理由はそれだけではなかったのですが、とにかく発表から半年ずっとずっと心待ちにしてきた作品、最悪成田からの直行も厭わないギリギリで生きすぎてるスケジュールをくぐり抜けなんとか今日を迎えることができました。

続きを読む

在外ヲタクの(無)活動期

クリスマスが終わったと思ったら年の瀬だそうで。忘年会も大掃除も餅つきもない12月は師走と呼ぶのも憚られます。

ネットに公開する個人情報は少なければ少ないほど良いに越したことはないので(一応)明言せずにおりましたが、今年は1年間国外で過ごしておりました。

ヲタクという生き物はどこにいようとヲタクしないと生きていけないのでこの1年間耐えられるか不安だったのですが、まず結論から申し上げると在外ヲタ活は不可能です。対象が三次元だとなおさら。

物理的に無理なものは無理なので物理法則に逆らうことなく1年間過ごすほかないという意味では耐えうるものではありましたが、帰国予定がなかったら知らない間にヲタ卒していたことと思います。海外駐在がまわってきたら潮時ですね。


ユニバーサルワードとしての「ファン」に若干の株主要素が加わった日本のヲタクという定義においてはこの1年間で行ったネット警察に叱られない程度以上の狭義のヲタ活といえばアマゾンでの注文とKへの納税*1くらいなのですが、もう自分の根っこの気質というかもう血がヲタクなので、この血を枯らさないためにも在外民のヲタク活動期もとい無活動期を歳末ヲタク総括代わりに列挙しておきます。

*1:ファンクラブ発足により文字通り辞書通りでの納税ツールが確立されました

続きを読む

けど弱いわけじゃないんだ

渡辺翔太くん、24歳のお誕生日おめでとうございます。

こうしてお祝いするのが何回目か数えるのはとっくにやめましたが、何度目かのおめでとうをやめるつもりはまだまだまだまだ、ないみたいです。


ことし現場とメディアから物理的に離れた私は、23歳のわたなべくんを、ほとんどと言って差し支えないほど知りません。


他人に押し付けこそはしないものの「見てないものには言及しない」を信条にしている自分にとって、茶の間にすらいなかったこの1年間の彼の歩みに何か言えることはほとんどありません。あり得ません。なぜか顔のコンディションがいいことだけは逐一耳に入ってます。


それでも、私がふれた数少ない23歳の彼、実家から送られてくる少クラ実況やダンスクのインタビュー*1のことだけ、ちょっとだけ。


じたんバイアスを抜きにしたら、あの時あの立場の彼があのインタビューで話したことは甘っちょろいものだったと思う。それでも、この何年かの間漠然と彼に対して感じていた、もしかしたらそういう思いでいるのかな、という推測そのままの言葉を聞いて、ああやっぱりそうだったんだ、と悟った途端無性に泣けてしまったのは、それが彼の大好きなところであり、いちばん勿体ないところだったから。


消去法、と彼は言いました。グループ全体を見渡したときに欠けてたものを担った。それをカッコいいと取るか受け身と取るかは人それぞれだしどうでもいいんですが。

はじめに感じたのはホッスノの特典映像だったかな。それと言わずもがなのクリエ初演。それから去年の歌舞伎。


どこまでもSnow Manの渡辺翔太であろうとする人、それがかっこよくて、いとおしくて、くやしかった。


消去法という言葉は少し強すぎて、独り歩きをしかねないのであまり使いたくないのですが。*2それでも彼の言う「消去法」で見つけた役割が、私は誇らしかった。

(四六時中そうだとは言い切れないんだろうけど)ピリピリするくらい周りをよく見ている人。バランサーであり続ける人。バランスを崩すくらいの一歩を踏み出そうとしない、もしくは踏み出せない人。


だけど、彼には、自分自身まで消去法の存在だと思ってほしくなかった。


数多いるJrの中から、選択肢を与えられたわけでもなく、一瞬で目が離せなくなった人。まだ中学生wだったあの日に見つけたのは、その日から学生生活が終わろうとしているw今日まで飽きもせずにいちばんであり続けたのは、決して消去法の人なんかじゃない。

自ら消去法と形容したその役割さえも、その立ち回り方さえも、誇らしくて歯がゆい、わたなべくんらしさだった。


彼がグループに欠けているものとして見出した役割を務めあげると腹を括ったなら、やってみろ、貫き通してみろ、そう思います。

だけど、Snow Manの一人である自分自身さえも、時に「理想のグループ」に埋没させてしまわぬよう、役割にがんじがらめにならぬよう、そう願うばかりです。



話は変わって、実家の家族からの実況で覗き見させてもらった少クラの映像を見て、ちょっとすごく度肝を抜かれました。

ちょっと見ない間に変わった。6人とも。
ちょっと覗き見した程度の私でも、思わず「腹括ったな」と感想をこぼしてしまうくらい、変わった。*3

今のSnow Manは、変化を怠った人から、攻めるのをやめた人から埋もれていくんだろうな、と直感的に思いました。

これまでバランサーに徹してきた彼はどう出るのか。ほんの少しの不安と期待が膨らみます。まあ次に見たときの第一声はだいたい決まってますが。好き。


たぶんわたなべくんは、20代半ばの10年選手としては、ヒエラルキーの頂点に立てるほど卓越して優れた人、ではないと思います。
10年間渡辺翔太であり続けた強さは何物にも代えがたい尊いものだけど、同じくらい強い人は周りにもたくさんいる。

だけど、こんな現行茶の間以下のファンが責任を負える言葉ではないかもしれないけど、わたしがもうすぐ両手で足りなくなるくらいの年数をかけて惚れ続けた人は、そんなに弱い人じゃない。少なくとも彼が思っているよりは。

無条件の好き、なら、茶の間以下のファンにだって言える、はず。


キャリアが10年を超えて、それでもなおSnow Manの渡辺翔太であり続けるのがどれだけ大変なことかは想像に難くない。だから、こんな塵にも満たないファンの分際で、彼に声援以外の理想をぶつけようとは思わないけども。

彼がこれからもSnow Manの渡辺翔太を貫き通すなら、最大限のリスペクトとエゴをこめて、逃げるな、止まるな、攻めろ、と、わがままな思いを抱きながら声援を送りにいくつもりです。

24歳のお誕生日、おめでとうございます。昨日も今日も、今日も明日も明後日も、渡辺翔太でいてくれて、渡辺翔太のファンでいさせてくれてありがとう。


さてさて、今年も来年も、わたなべくんのファン、やめられなさそうです。やめるつもりなんてないんだけど。てへ。

*1:もちろんどれも送信元と私とだけのやりとりです

*2:まず発言者の日本語センスがどこまでも怪しいからな!!wwwwwwwwww

*3:ダンスのメソッドを変えたな、というのが何人か、それから自分の見せ方も、6人での踊り込み方も